つつがなく晴れの日を迎えよう!結婚式場の選び方


理想の結婚式を考える

結婚式場を選ぶためには、まず自分たちが理想とする結婚式がどのようなものかを考えることが必要です。結婚式には様々なタイプがあります。身内だけで行う規模の小さなものもあれば、周囲の人々を招いて盛大に祝うものもあります。また、神前式や教会式、人前式といった形式によっては、結婚式全体・会場の雰囲気が全く異なります。結婚相手や身内と相談し、おおよその理想とその順序を決めると、調べる際に役立つほか、迷ったときにも選びやすいです。

結婚式場の雰囲気と景観を調べる

結婚式場の理想の条件を付き詰めたのならば、次いで式場の候補をピックアップします。いくつかの候補の中で、会場の雰囲気と景観などを調べるとよいでしょう。結婚式場でどのような点を重視するのかというと、多くの人が会場の雰囲気と景観をあげます。実際に足を運び、結婚式の雰囲気を感じてみて違和感がないかを確かめると後悔しません。また、写真撮影の際などに、周囲の建物が入り込んでしまうと台無しになってしまいますね。そのような細かな点も含めて式場選びをするとよいでしょう。

会場までの交通アクセス

結婚式場選びでは、交通利便性も重要となります。よいロケーションで雰囲気も良い結婚式場であったとしても、会場までの公共交通機関がないような場合、参列者を招いても行きにくく、会場に着くまでに不快な思いをさせてしまうかもしれません。公共交通機関がないのならば、結婚式場で送迎のサービスがあるほか、近くにパーキングエリアがあるかなどの確認をするとよいでしょう。

式場のキャパシティと設備の確認

結婚式場の雰囲気も良く、アクセスも良かったとしても、結婚式場のキャパシティが参列者の数に会っていなければ、結婚式を開くことはできません。結婚式場のキャパシティとどれだけの参列者を招いて結婚式を行うのかを考えることも注意点のひとつです。そして、結婚式場にどのような設備があるのかということも考える必要があります。規模が大きいにもかかわらず、休憩室が狭く、トイレの数が少なければ、過ごしにくい式場といえますよね。参列者の中に障害者がいるのならば、バリアフリーの設備も必要です。このほか、結婚式の演出に使用する設備があらかじめ備えられているのならば、安く盛大な演出ができるかもしれません。

提供される料理の確認

結婚式を開くときには、おおよその場合料理が提供されることになります。その料理がどのようなものかを確認することも必要です。参列者に高齢者や子どもがいる場合には、年齢層に合わせた料理を提供するほうが楽しまれます。アレルギー体質の人がいるのならば、食材の安全面にも注意しなければなりませんね。あらかじめメニューを確認してみると、満足のいく結婚式に近づきます。

神戸の結婚式場といえば何を思い浮かべますか?空と海の青。きらきらと輝く山々。その両方に包まれながら、憧れのウェディングを実現できれば、どれほど素敵でしょうか。