一生に一度の結婚式だから理想の式場を選びたい!


理想に近い式場選びとは?

「結婚式を挙げるならこんなふうにしたいな」など、人それぞれ夢や理想がありますよね。そんな一生に一度の夢を叶えるためには結婚式場選びはとても大切です。しかし、そんな理想の結婚式場を選ぶには何を基準に選んだらいいのか、自分たちの意見をどれだけ取り入れてもらえるのかなど、様々な不安がつきまとうものです。結婚式を挙げたカップルたちにアドバイスを聞くと、まずは二人がどのような結婚式にしたいのか話し合いイメージを膨らませておくことは大切だといいます。具体的なイメージを膨らませた上で結婚情報誌などの雑誌で結婚式場を探したり、インターネットでウエディングを専門に扱っているサイトを参考にする、またウエディングを専門に扱っているウエディングプランナーに相談するカップルもいるのです。

結婚式場を決める前に式場に足を運び雰囲気や景色など、どのような感じなのかを知ることはとても重要です。またブライダルフェアに参加をすることでより具体的にその式場を知ることができます。ブライダルフェアとひと言でいってもその種類は様々で、例えば式場見学会や結婚式で実際に出される食事を試食することができる試食会、模擬結婚式や披露宴に参加するなどがあります。

結婚式場が決まったら

結婚式場が決まったら結婚式の演出やお料理選びなど決めることは沢山あります。結婚式の演出には様々なものがありますが、近年では形にこだわらず参加者も一緒になって楽しめるようなものなどが多くあります。例えば外国では定番となっているブライズメイト(新婦の付き添い人、立会人)を新婦の友人などに頼んだり、新郎新婦の生い立ちや出会いを映像にしてみてもらうムービーに出演者として参加してもらったりするなどです。そのほかにもSNSを活用するなど斬新なものもから古風なものまであるので、自分たちだけではなく式場の人に相談をしたり経験者にアドバイスを求めることは大切です。

結婚式で出す料理は出席者に喜ばれるものがベストです。例えば新郎新婦の出身地の特産品を使った料理や思い出の料理など、エピソードを交えたものも喜ばれます。一方で結婚式場を選ぶ上で気になるのはやはり費用ですよね。出席者の人数やお色直しの回数、演出や料理の内容などにより違いはありますが、だいたい相場として出席者が60人で首都圏で行った場合平均は約340万円前後といえます。結婚式を挙げるためには様々な準備が必要で、そのような中で意見の相違からけんかをしてしまうカップルもいます。お互いがどうしたいのかとことん話し合うことや意見を尊重し合うことなど、準備段階からしっかり行うことはお互いに大切なことなのです。

京都の結婚式場のなかには、白を基調としたチャペルで一日一組のみという式場があります。日頃可愛がっているペットも参加できるので、動物好きな人にはお似合いです。